高大連携事業

 平成26年3月26日、栗原市築館にある東北職業能力開発大学校と栗原市内県立
学校は、相互の教育活動の交流を通し、連携と協力を充実・強化するとともに、一層
魅力ある学校教育を実現していくことを目的に連携協定を締結しました。

→河北新報2014年4月9日
 ーものづくり、栗原に根付け 地元県立高が東北職業大学校と協定ー




築館高校の取組


○ PTA研修旅行 7月16日(水)



 今年のPTA研修旅行で東北職業能力開発大学校を訪問しました。殆どの保護者の方が
初めて訪れたということもあってか、地元にこのように施設設備、教育内容の充実した
学校があったのかと、一様に驚きの表情でした。





○ 文化祭(築高祭)


 交流の一環として、築高祭の一般公開に東北職業能力開発大学校がブースを出しました。3Dプリンターなどの興味が湧く装置がたくさんあり、築高生はもちろん、当日来場の小学生等が目を輝かせながら装置をいじったり、説明を聞きながらも、「ものづくり」の楽しさを学んだようです。

 



○ One day college (出前授業)


築館高校では、2年次に進路意識の高揚を図るため、大学の先生を招いての出前授業を実施しています。その中の一つに東北職業能力開発大学校の古山先生の「建築設計実習」というテーマの講座があり、授業を受けた生徒は将来の進路、職業選択に役立つ知識を学ぶことができました。