校 長 あ い さ つ



着任の挨拶

 縁あって母校築館高校に奉職できることになりました。女子生徒の声が教室、廊下に聞こえ、自分が通学した男子校の築館高校とは様変わりしていることを実感します。
 時代の流れの中で築館高校(男子校)と築館女子高校が再編統合され、新制築館高校として生まれ変わっていることを、実際にその場で感じることができる自分自身の幸運に、モチベーションが高まります。
 58回目を迎える対古川高校との定期戦を目前にして、恐怖(?)の応援練習が始まりました。あの当時の練習が伝統として引き継がれています。校歌練習での「聞けねぇ−−−」の応援リーダーたちの迫力に、1年生は戦々恐々です。
 古川高校という敵をつくることで、団結心が生まれ、母校築館高校に対する愛校心が育まれたと自分自身の高校時代を振り返っています。
   激しい少子化の流れの中で、1学年4学級、定員160人となってしまいましたが、生徒、先生方の気概は昔のままです。今年はどんな場面で、生徒、先生が活躍し、築高の名を広めてくれるか、楽しみです。
   校長としてしなければならないこと、できることをしっかりと見据え、生徒の夢、希望が十分にかなえられるよう、全力で取り組んで参ります。
  

平成29年4月吉日  校長 三浦 孝洋